足立区竹ノ塚の

​鍼灸整体院

​突発性難聴

◎発性難聴

 

突発性難聴とは、ある日突然片方の耳の聞こえが悪くなり、検査をしても原因が分からない聴覚障害の事を言います。

 

原因不明の突発性難聴の中でも発症から時間の経っていないもの(1〜2週間)に関しましては宮島治療室の施術で変化が出る場合が多いです。

 

一か月を過ぎるとある程度症状が固定してしまいますので改善は難しいです。

 

外耳の問題(耳垢 耳管の感染)や

中耳の問題(中耳炎や中耳の骨の硬直、鼓膜の問題)

 

ムンプスウィルス(おたふく風邪)

 

など直接原因がある場合は専門医での治療が効果的です。

 

また、命の危険に関わる聴神経腫瘍や脳血管障害などもありますので、先ずは専門医に一度診てもらい直接的な問題が無い事を確認されてからのご予約をお願いします。

 

原因が分からないものに関しましては逆に鍼灸や整体の得意な分野になると思います。

 

突発性難聴は原因が分かっていない病気ですが、一般的には内耳の血流障害が原因ではないかと考えられています。

 

病院ではステロイド薬や血管拡張剤などで内耳な血流の改善を図る様ですが、ピンポイント内耳の血流の改善に繋がる訳ではありません。

 

鍼灸や整体では首や肩周りの筋緊張の緩和を行ない、直接的に内耳に行く血流の改善を図ります。

 

宮島治療室の施術は病院の治療と併用しても全く問題はありませんので、お気軽にご相談ください。

 

緊急を要する疾患ですので先ずは専門医に診て貰い早めの対応をして下さい。