足立区竹ノ塚の

​鍼灸整体院

妙見活法とは

宮島治療室では「妙見活法」という整体術を主として施術をさせて頂いています。

 

「妙見活法」とはどの様なものなのかご紹介させて頂きます。

 

 

活法とは

 

活法とは古武術の裏技として武術の術理をそのまま治療に応用した日本古来の整体術です。

関節や筋肉などの身体の動きの問題はもちろんですが、その応用範囲は脳の機能を含めた自律神経の問題から内臓の調整まで幅広く対応しています。



結果と即効性が求められる武術の世界で発展してきたものの中でも本当に効果があるものだけが現代まで伝えられてきましたが、江戸から明治にかけて様々な流派に伝わっていた活法は時代の移行に伴いほとんど失伝したと言われています。

 

活法は戦の場で負傷した武士達をすぐに動ける状態にさせなければならないという特殊な状況下で出来上がってきた治療術ですので、「時間をかけず」「動ける様にする」という「結果」が求められる中で体系立てられてきました。

 

桓武月辰流妙見活法整体とは?

 

私の師匠である、千葉吉胤妙星司家は、古くは桓武天皇の子孫である平将門公から千葉一族の中興の祖であり鎌倉幕府の陰の立役者である千葉常胤公、そして北辰一刀流創始者の千葉周作と平安時代から続く千葉一族の末裔であり、1000年以上に渡って千葉一族に伝わってきている「妙見兵法桓武月辰流」の第二十四代宗家です。

 

千葉一族に伝わる古武術の裏の技法である活法は日本古来の治療術です。

 

一般的な活法は柔術の裏技であり、いわゆる蘇生術や関節技を応用した整復術になりますが、妙見活法はこの様な物理的な治療にとどまらず、この世界に普遍的に存在している自然の力を身体に当てはめた「究極の自然療法」と言われています。

 

この治療術は治す事を最大の目的とせず、「質の転換」を起こす事により、「結果的に治ってしまう」という現象を作り出します。

 

「?」と思われると思いますがこればかりは体験して頂くしかないと思います。

 

究極の自然療法である妙見活法は患者さんの自然治癒力を最大限に引き出す治癒術ですので、筋骨格系の疾患に限らず現代医学でも難治と言われている慢性的な内臓疾患までも適応範囲であり、様々な方の不具合に対応させて頂いています。

 

 

妙見とは?

 

妙見は北の夜空にある不動の北極星とその周りを回る北斗七星を神格化したものであり、古代より北半球に住む人々は「自分の今の立ち位置」を知り「進むべき方位」を知る手がかりとして北極星を目印としていました。

 

神道では不動の北極星を宇宙創生の最初の神である天之御中主神としています。

 

道教の北極星信仰と仏教が合わさり日本に伝わり、神道と集合し日本では妙見菩薩となり妙見信仰は全国にひろまりました。

 

妙見とはすぐれた視力の意であり、すべてを見透す目として善悪、真理を見透すとされています。

 

妙見の世界観は治療術だけでなく生きていく上で全ての事に応用出来る為、私自身この教えを千葉吉胤妙星司家から教えて頂く様になり有難い事に人生が好転しています。

 

正伝妙見活法協会の正会員​認定書
千葉一族に伝わる内蔵調整の奥義を相伝していだき 印可状を頂きました。

正伝妙見活法協会

 

私が所属させて頂いている正伝妙見活法協会は幕末から明治の時代の大転換期に千葉一族を中心として組織された正統な妙見活法を伝える団体です。

 

「治せるのか、治せないのか、それが全てである」を協会のスローガンとし、全国から意識の高く運の良い治療家の先生達が学びに来ています。

 

有難い事に今までは一子相伝として1000年以上一族以外の者には教えてこなかった奥の部分までご教授して頂いています。

 

私は現在、週二回柏の千葉吉胤妙星司家の元へ通い全国の治療家の先生と共に教えを受けています。

 

大変貴重な教えを受ける事が出来ているこのラッキーを地域の皆様に還元する事が我々会員の役割りだと考えています。

 

本当に困っている人の力になりたい、

 

宮島治療室は今まで様々な施術を受けて来たけど改善が見られず困っている方が多く来られています。

 

希望を無くしていたが、明るい未来を信じる事が出来て

 

「嬉しい」

 

自分の身体の新しい可能性を見つける事が出来て

 

「楽しい」

 

身体の不調、不具合、不快が解消されて

 

「気持ちいい」

 

宮島治療室ではこの

 

「嬉しい」

「楽しい」

「気持ちいい」

 

を提供出来る様に、

常に様々な分野で知識と技術の習得を続けています。