足立区竹ノ塚の

鍼灸整体院

​バネ指

ばね指

 

バネ指は簡単に言うと、腱鞘炎の一種で腱(けん)と腱鞘(けんしょう)の通過障害になります。

 

腱鞘は、腱が収縮して関節を曲げる時に腱が骨から浮かない様に滑車の役割りをしています。

 

トンネルの様に鞘(さや)の形をして中に腱を通しているので腱鞘と呼ばれています。

 

バネ指はこの腱を通すトンネル、滑車である腱鞘の組織が炎症などで肥厚してトンネルの空間が狭くなり指を曲げる腱がとおりにくくなっている状態になります。

 

指の曲げ伸ばしで引っかかりがありバネ仕掛けの様になる事からバネ指と呼ばれ、症状が進行すると指が曲がらない、曲げた指が伸びなくなります。

 

指の使い過ぎから、腱と腱鞘が摩擦して炎症が起きると言われています。

 

更年期の女性に多く、妊娠中の方にもみられるため、ホルモンバランスの影響も指摘されています。

 

 

また、糖尿病、リウマチ、透析患者など血流に問題がある場合や自己免疫疾患などの全身性の炎症のある方にもみられます。

 

一般的な治療方法はアイシング、ステロイドなどを使い、腱鞘の炎症を抑えます。

 

症状が進行した場合、腱鞘を切開する手術という方法もあります。

 

局所的な組織の変化から起こるものですが、これも動きの連動でその場で変化が出る事が多いです。

 

活法ではバネ指に対する手技が数多くあります。

 

腱鞘炎や手の握りにくさ、開きにくさの調整方法でもかなり効果が出ます。

 

指の動きは胸椎から連動していますので、胸椎の調整は必須になります。

 

胸椎に軽く触れ腕を内側、外側と捻る動きをすると、胸椎も合わせて動いてるのを感じれますので試してみて下さい。

 

また、指を動かしている腱は肘まで伸びていますので肘周りの調整もバネ指には効果的です。

 

更に宮島治療室では、「ホルモンバランス」「炎症」という全身的な問題に対してもアプローチしていますので様々なタイプのバネ指の方に対する調整を行なっています。

 

酷いバネ指の場合でもお気軽にご連絡下さい。